【麗澤会ボランティア部】台風19号災害 学内募金活動を実施

2019.11.27

ニュース

大学の取り組み

【麗澤会ボランティア部】台風19号災害 学内募金活動を実施

令和元年10月12日(木)に上陸した台風19号は関東、甲信、東北地方などで記録的な豪雨となり、各地で大きな被害をもたらしました。
被災された地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復興をお祈りいたします。
八王子市内においても河川の溢水が発生し、浅川地区、恩方地区を中心に民家に土砂が流れ込み、多くの被害が発生しました。
 
麗澤会ボランティア部の声かけに基づいて、紅陵祭、語劇祭期間中、大学祭実行委員会の協力の下、受付に募金箱を設置し来場して下さった方々より5日間で22,233円の募金を頂戴しました。
また、10月28日(月)~11月1日(金)、11月11日(月)~15日(金)の2週間に亘って両キャンパスで募金活動を実施。募金では麗澤会ボランティア部の総務局・文化局・体育局連合会の執行部の学生や大学祭実行委員会の執行部の学生、他にアメリカンフットボール部の学生が社会貢献活動の一環として募金活動に参加してくれました。
両キャンパスにおいて行った2週間の募金活動で32,747円の募金が集まりました。
全期間で集まりました募金54,980円は日本赤十字社を通じて被災された地域の皆様にお届けしたいと思います。
 
本学学生には学業と正課外教育(課外活動、ボランティア活動等)で人間性を育み社会へ巣立っていって欲しいと願っています。
両キャンパス学生支援室でボランティア活動の紹介をしております。多くの学生に学業以外の時間に正課外教育(課外活動、ボランティア活動等)へも是非、参加して頂けたらと思います。

20191126_bokin_01

20191126_bokin_02

20191126_bokin_03