関東大学女子新人戦 結果

2019.6.28

ニュース

女子バスケットボール部

関東大学女子新人戦 結果

第9回関東大学女子バスケットボール新人戦が5月25日~6月16日に白鷗大学大行寺校舎他で開催され、本学は準優勝となりました。なお、バイ クンバディヤサン選手が得点王、敢闘賞を受賞、浜井選手がベスト8賞を受賞しました。

麗澤会体育ニュース(19-31:女子バスケットボール)_01

試合結果

優 勝 東京医療保健大学
準優勝 拓殖大学 
3 位 筑波大学
4 位 松蔭大学
5 位 専修大学
6 位 山梨学院大学
7 位 江戸川大学
8 位 玉川大学

対戦成績

1回戦 シードの為、試合無し
2回戦 シードの為、試合無し
3回戦 ○拓殖大学 100-53 関東学院大学
4回戦 ○拓殖大学  90-65 日本大学
5回戦 ○拓殖大学  76-62 江戸川大学
準決勝 ○拓殖大学  90-76 松蔭大学
決 勝 ●拓殖大学  67-86 東京医療保健大学


個人賞

敢闘賞、得点王 バイ クンバディヤサン (2年国際・岐阜県 岐阜女子高校)
ベスト8賞     浜井 彩              (2年経済・北海道 旭川藤女子高校)

バイ クンバディヤサン主将のコメント

今大会は、惜しくも準優勝という結果に終わってしまいましたが、先輩方やスタッフの皆さんの支えもあり、全員で一戦一戦しっかり戦いきることが出来ました。応援、支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、より一層気を引き締めて次のリーグ戦に向けて全員で頑張っていきたいと思います。

麗澤会体育ニュース(19-31:女子バスケットボール)_02

浜井選手, バイ クンバディヤサン選手