【麗澤会ボランティア部】さいたま国際マラソン大会にボランティアとして参加

2018.12.14

ニュース

大学の取り組み

【麗澤会ボランティア部】さいたま国際マラソン大会にボランティアとして参加

12月9日さいたま国際マラソン大会が開催され、国際学科の井戸彩夏さんが給水担当として参加しました。
 
さいたま国際マラソンは、オリンピックや世界選手権に出場する日本代表女子選手の選考レースを兼ねているため、ランナーを世界に送り出す大切な大会です。
 
当日は日本テレビやCS放送、文化放送等々で放送される他、多くのランナーが参加します。
拓殖大学としては、2020年のオリンピックへ向け、スポーツボランティア活動にも力を入れており、今後も活動を継続して参ります。

2181214_volunteer_01

2181214_volunteer_02

参加した学生の感想

●国際学部 国際学科 2年 井戸彩夏
 
12/9(日)さいたま国際マラソン大会にスポーツボランティアとして参加をしました。
今回はドーハ2019世界陸上競技大会の日本代表選考が重なり、選手にとっても地域の方々にとても大事なマラソン大会でした。
大会当日、私は給水担当でした。
1番最初の給水ポイントだったため、たくさんのランナーさんが殺到して忙しくなるときもありましたが、疲れているはずランナーさんに「ありがとう」と声をかけてもらいとても嬉しく参加して良かったなと思いました。
2020年の東京オリンピックに向けて、また一つ良い経験ができました。