【麗澤会ボランティア部】はちおうじ子ども食堂ボランティアへ参加しました!

2018.10.18

ニュース

大学の取り組み

【麗澤会ボランティア部】はちおうじ子ども食堂ボランティアへ参加しました!

10月13日(土)に八王子市内で活動されているはちおうじ子ども食堂へ運営スタッフとして学生3名がボランティアとして参加しました。
 
子ども食堂とは・・・
親の共働きや片親等の家庭の事情により、子ども達が家族と一緒に食卓を囲めないいわゆる“個食化”が進んでおり、社会問題となっています。
この問題を少しでも解決しようと地域社会のボランティアの方々が食材を持ち寄り、調理した上で家族と食卓を一緒にできない地域の子ども達と“食事”と“食事の場”を提供するという活動です。
子どもの個食化を減らすだけでなく、地域の連携を深め、治安維持、食品廃棄問題解消、子どもの補習指導等多くの副次的効果が期待されております。
八王子市内にはこのような子ども食堂(地域食堂を含む)が12カ所存在し、日々活動を行っており、麗澤会ボランティア部として継続したバックアップを行っております。

参加した学生の感想

参加者

国際学部 国際学科 2年 赤坂 亮治
外国語学部 スペイン語学科 1年 白石 大地
国際学部 国際学科 1年 長瀬 嶺
 

20181018_kodomo01

国際学部国際学科 2年 赤坂 亮治
 
今回、初めて参加させて頂きました。ボランティアの方々がたくさん居て喋りやすい雰囲気がありました。
日頃から料理を作らないため心配していたのですが、懇切丁寧に教えてくださり、何とか手伝うことができました。
料理が落ち着くと、子供たちと遊ぶのですが、これまた普段から子供と接点がなく、慣れていないせいか、最初の方は子供たちに警戒されてしまいイマイチ馴染めませんでした。
見かねたお母さん達がアドバイスをしてくださり、後半には楽しく子供達と会話ができるようになりました。
一日で自分の世界が広がった気がします。
最後に懇親会があって、それぞれその日の感想を述べる時間がありました。
食堂が満員になることはあまりないらしくこの日は満員になり、いい日に巡り会えたと感じました。ありがとうございました。

国際学部 国際学科 1年 長瀬 嶺
 
今回、初めて子ども食堂のボランティアに参加させて頂きました。
他大生やボランティアの方々と子ども達の夕飯を作りました。
初対面でもすぐに馴染める雰囲気で、子どもが好きな方なら誰でも気軽に参加することの出来るボランティアの1つです。
少しでも役に立てた気がして充実した時間を過ごすことができました。
また参加させて頂きたいです。
この活動の輪が広がっていくことを切に思います。

20181018_kodomo02