7月9日(土)に、法政大学市ヶ谷キャンパス55・58年館834教室に於きまして、第41回春秋杯争奪全日本学生弁論大会が執り行われました。

当会からは、菊地万理男(政経、2)弁士が演題「命を守る為に」のもと、第2弁士として出場致しました。

1P1050120 

菊地弁士は、昨今の国際的な課題であるテロをテーマとして取り上げ、テロリズム新法や対テロ情報機関を統一して新たな機関を設立するなどの解決策を提言致しました。

1P1050108

残念ながら入賞には至りませんでしたが、菊地弁士の熱弁は聴衆に強い印象を与えたことでしょう。

1P1050132 

菊地弁士、お疲れ様でした!!

大会を主催していただいた法政大学弁論部・春秋会の皆様ありがとうございました。