第93回 箱根駅伝_TOP

第93回 箱根駅伝_ロゴ

第93回箱根駅伝 4年連続本戦出場
応援しよう!
START 8:00

読売新聞ビル前
往路START付近にて7:00より応援開始(オレンジ色の拓大の旗が目印)
TV放映日本テレビ系列で午前7時から生中継
ラジオ放送ラジオニッポン 1422KHzにて午前7から生中継

第93回 箱根駅伝_TOP_岡田正裕監督

心を一つに!積み上げた総合力で
シード権獲得・過去最高成績を目指す


陸上競技部監督
岡田 正裕


 今年度のスローガンは「一心激走」部員全員が心を一つにして、激しい戦いを力の限り走り抜こう、というテー マを掲げてやってきたことが実現しつつあると感じています。毎年恒例の阿蘇合宿は、4月に起こった「熊本地震」があり、当初は実施できるかどうかわかりませんでしたが、 練習場所に影響はなく、「少しでも復興のお役に立てれば」という思いで、合宿の実施を決意。いつもお世話になっていた旅館では温泉が出なくなる影響が出ていたのですが、役場の方から「旅館が選手のために、新たな温泉を掘り起こした」というお話をいただき、おかげで、充実したトレーニングを積むことができました。

 迎えた10月の箱根駅伝予選会では、予想以上に気温が上がりましたが、我々は好天に恵まれた阿蘇をはじめ、夏の合宿で暑さに耐えて練習をしてきたという自負がありましたので、「この 暑さは味方になるぞ」という思いで臨むことができました。 無事予選を通過し、全日本大学駅伝では8位に入賞。良い機運に乗じて、来年1月の本戦に向けた最後の調整をしています。本番ではベストメンバーを、ベストの状態で走らせるのが私の最大の仕事。大変な状況の中、お世話して頂いた阿蘇の方々への恩返しという意味も込めて、3年ぶりのシード権獲得、過去最高成績の6位以内を目指 して「一心激走」したいと思います。

プロフィール
1945年熊本県生まれ。亜細亜大学を卒業後、実業団での選手生活を経てニコニコドーの監督に就任。ソウル五輪女子10,000m代表の松野明美らを育てる。1999年から亜細亜大学陸上競技部監督、2008年から九州電工女子陸上競技部監督を務め、2010年2月より拓殖大学陸上競技部監督に就任。今大会で就任後6度目の本戦に挑む。

38回目の出場 さらなる未来に向けて

第91回 箱根駅伝_TOP_福田勝幸理事長

学校法人拓殖大学 理事長
福田 勝幸

拓殖大学の学友、そして箱根駅伝を楽しみにしている皆様、いつも拓殖大学陸上競技部を応援していただき、感謝申し上げます。今年も10月の予選会を勝ち抜いての出場となりました。選手諸君は、この一年、岡田監督の指導のもと厳しい練習を積んできました。当日は成果を十分発揮して、我々に勇気と元気を与えてくれることでしょう。

学生諸君は街へ出て拓大の旗のもと仲間と一緒に応援しましょう。そして全国の卒業生の皆様、近隣住民の皆様、ご家庭とともに母校の後輩に熱いエールをお送りください。スポーツの力で未来へ大きく羽ばたく母校の心意気と元気を全国に発信しましょう。

応援よろしくお願いします。

第91回 箱根駅伝_TOP_赤澤徹会長

拓殖大学学友会会長 陸上競技部支援会会長
赤澤 徹

大学駅伝の頂点といえる、正月の箱根駅伝に母校が7年を迎えた岡田監督指導体制のもとに厳しい予選会を好成績で乗り越え38回目の出場を果たしました。

近年の予選会は下剋上のごとく新興勢力の頑張りに名門校、常連校が食われることが多々あり、今年も波乱含みの予選会となりました。本学チームは大会参加50大学中堂々の7位で本戦に進出いたしました。

学友会、支援会は大会の正月2日往路、3日復路10区間を通じて選手の走りに力強い応援、支援を送り、沿道では「拓大の旗」を掲げ応援しますので、全国の学友皆様の物心両面に渡るご支援をお願い申し上げます。

第91回 箱根駅伝_TOP_井上康信部長

陸上競技部部長
井上 康信

皆様には、平素から陸上競技部に対しまして多大なるご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

第93回箱根予選会では、7位通過を果たしました。学生一人ひとりが厳しい夏合宿を耐えた結果であると思います。本戦ではシード権は元より、本学最高順位の7位以内を狙います。正月にはオレンジの激走を全国のOB・OGに届けます。応援よろしくお願いいたします。

第93回 箱根駅伝_TOP_榛葉一仁陸上競技部OB会長

陸上競技部OB会長
榛葉 一仁

日頃より陸上競技部に対し格別のご声援を頂き誠に有難うございます。

第93回箱根駅伝予選会では総合7位で38回目の出場を果たしました。箱根駅伝は1000m×2ではないという岡田監督の持論から徹底した走り込みで脚を鍛えてきました。本戦ではシード権の確保、歴代最高順位を達成すると確信しております。