森本総長との座談会を開催

2018.4.23

ニュース

雄弁会

森本総長との座談会を開催

4月13日(金)夕方、文京キャンパスH館(部室棟)会議室1にて、「学生生活をどう過ごすべきか」をテーマに森本敏総長を講師にお招きし座談会が開催されました。当日は部員以外にも、新入生を含め、たくさんの方々が参加しました。最初に雄弁会部長の丹羽文生海外事情研究所准教授から趣旨説明があり、続いて森本総長によるレクチャーが行われました。

180423_麗澤会文化局ニュース-2

森本総長は人前でスピーチ(演説)をする際のポイントとして
(1)設定した(された)テーマの本質を掴む
(2)論理の一貫性を最後まで維持する
(3)話し方に注意する
  (主語と述語を明確にし、助詞は多用せず、語尾をハッキリさせる)
の3点を挙げました。
その上で、「私は防衛大学校の学生だった頃、よく落語や講談を聞きに行って、間合いの取り方を学びました。時々、自分が出演したテレビ番組を録画して、それを見ながら改善点、反省点を確認するようにしています。『話しが上手い』というのは天性のものではありません。トレーニングをすることが重要です」と述べました。

180423_麗澤会文化局ニュース-3