【麗澤会ボランティア部】スペシャルオリンピックスの活動に参加

2018.3.14

ニュース

大学の取り組み

【麗澤会ボランティア部】スペシャルオリンピックスの活動に参加

3月10日(土)スペシャルオリンピックス日本・東京のボランティア活動に3名の学生が参加
3月10日(土)スペシャルオリンピックス日本・東京のフロアホッケー活動にTVT(Takushoku Volunteer Team)メンバーの国際学部1年赤坂亮治さん、遠藤実花子さん、大江ほのかさんの3名が参加してくれました。
スペシャルオリンピックスとは、知的障がいのある人たちに、日常的なスポーツトレーニングプログラムと競技会を提供することで、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織で、フロアホッケーはフェルト製の円盤形のパックをスティックであやつり、相手側にゴールし得点を競う屋内競技になります。
知的障がいのある人・ない人、子ども・学生・高齢者、男性・女性、だれでも簡単にでき、スポーツが得意な人でも苦手な人も、競技技術レベルに合わせたプレーを楽しめる競技になります。
次回の活動は3月17日(土)になります。Takudai Portalにてボランティア募集を掲載していますので、興味のある学生は是非、応募して下さい。

大江ほのか さんのコメント

初めての参加でしたが、私含め皆が汗だくになりながらフロアホッケーを楽しみ、障がいのある方たちとのコミュニケーションをとることができました。
アスリートの方々とは初対面でしたが、コツやアドバイスをもらったり、休憩時間に自己紹介含め、沢山お話をする中で少しずつ仲を深めていくことができたと思います。
運動不足の私が足を引っ張ってしまうこともありましたが、アスリート含めるチーム内での励まし合いが、支えになりました。
アスリートの方々が外部の私たちを優しく受け入れてくれたことが嬉しかったです。
フロアホッケーは運動未経験、障害を持つ、持たないに関わらず、みんなで楽しさを共有できるスポーツです。
また来てねと言ってくれたアスリートの友達もできたのでまた遊びに行きたいと思います。

0314_麗澤会ボランティア部