「アジアにおける大麻について」雄弁会と合同勉強会を実施

2016.4.25

アジア研究会

ニュース

「アジアにおける大麻について」雄弁会と合同勉強会を実施

4月22日金曜日 八王子国際キャンパス 学生交流会館 会議室にて「雄弁会&アジア研究会主催 第一回合同勉強会」が実施されました。

勉強会のテーマは「アジアにおける大麻について」で、近年日本においても問題となっている薬物所持の問題とアジア圏のそれぞれの国での大麻の考え方や実態などを考えるものでした。

進行の流れとしては、はじめに講義形式で、雄弁会の安藤智博さん(国際学部 2年)から大麻問題に関する概要の説明が行われ、アジア研究会 大谷航さん(商学部 3年)がそれを補足する形でアジア圏の国々での大麻の実態について詳しく説明をしていくものとなりました。

また、大麻に関する認識を深めた後は、両会の意見の合う者同士で2者に分かれての競技形式でのディベート(討論会)も実施されました。

今回の勉強会では全体で11名が参加し、主に雄弁会とアジア研究会の八王子国際キャンパスに通う学生が中心となり、中には入会したばかりの1年も見られました。また、両会の長所を取り入れ、互いに学びあう会となりました。

次回の勉強会は現在計画中のようでしたが、文京キャンパスで行いたいとの意向で、企画のさらなる充実が期待されます。

20140425_01

20140425_02

20140425_03

20140425_04