研究発表大会

2015.12.22

アジア研究会

ニュース

研究発表大会

11月26日(木) 文京キャンパスH館の第三会議室にて「研究発表大会」を行いました!
 当研究会が今年から再スタートを切って以降初めての試みでしたが、アジア研究会の会員のみならず、他団体様からも聴講に来ていただき無事に終えることができました。
今回は3人の会員が発表を行い、それぞれ個人で伝えたい内容の研究テーマを決めて発表に挑みました。気になるテーマは以下になります。

2年 国際ビジネス学科 谷田川美冬  「幸福の国、ブータンの裏側」

幸福の国として認知している方が多い「ブータン」。実はそうでもないのです。そんなブータンで昨今騒がれている社会問題を発表してもらいました。私たちが抱くブータンの印象が固定観念だったと気づかされました。

160208_アジア研究会③

160208_アジア研究会④

1年 経営学科 齊藤 桃子  「日本刀などのアジアの武器」

日本刀の魅力を中心に、アジア各地域の刀や弓を紹介していただきました。動画を交えながらの紹介で、日本人・留学生一同、関心と興奮しっぱなしで、それぞれ 自分たちの国の文化を見直すきっかけになりました!

160208_アジア研究会⑤

160208_アジア研究会⑥

2年 国際ビジネス学科 大谷 航(会長)

「日本人と顔が同じ?驚愕?驚くアジアの結婚文化 キルギス編」
中央アジアに属する国のキルギス共和国の「誘拐婚」について紹介しました。誘拐婚とは男性が女性を誘拐して強制的に婚約させるという文化です。他にもキルギス人と日本人の顔立ちが似ていることや親日な国民性などキルギスの明暗を紹介しました。

「年間観光者数7000トルクメニスタンとはどんな国?」
こちらも同じく馴染みのあまりない中央アジアに属する国トルクメニスタン。「中央アジアの北朝鮮」と呼ばれる独裁政治ぶりと大理石ばかりを使用した首都の街並みの紹介から、世界遺産などの観光地など親近感がわきやすい分野を中心に交えて発表しました。

160208_アジア研究会⑦

160208_アジア研究会⑧


 今まで知らなかった事実や魅力を各々の言葉で伝える姿は輝いていました。これらをきっかけにさらに「アジア」に興味を持ったり、社会の本質を見抜く目を養ったり、またプレゼン能力向上、個人の自信につながっていければよいと思います。また、今回は事前通達が遅れ発表者が3人でしたが、次回からはもっと多くの会員にこのような経験をしてもらいたいと思います。

今回参加された皆さま本当にお疲れ様でした。そして感謝申し上げます。

160208_アジア研究会⑨

最後まで聞いてくれた皆との写真
今後もこの活動は続けていきます!SNSを通して情報発信しているので、気になる事がありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております。

連絡先 rit-b2701@ml.takushoku-u.ac.jp